仕事中はもちろん、移動中でも携帯メールやモバイルゲームと私たちの生活には近視になる原因でいっぱいです。


視力を回復できたら、どんなに楽だろう・・・そう思うことってありますよね?
ひとことで視力回復と言っても、レーザー手術や針治療、視力回復用コンタクトレンズなど色々な方法があります。
やはり、目の状態によって視力回復の方法を変えることが大切です。
それでは、近視はなぜ起こるのでしょうか?
例えば、姿勢の悪さも近視の原因になります。両目でバランスよく見ることができないと、左右の視力に差が生じて乱視になります。
普段の生活には、パソコンやテレビゲーム、携帯電話と目に悪いものがあふれています。
必ずしも正しくないことが近視の原因と信じられている場合もあるようです。
よく、近視の原因は遺伝だという話を聞きますが、本当のところは95%の近視が生活習慣によるものだそう。
また、暗いところでの作業も目に良くないといわれますが、どちらかというと明るすぎる方が目の負担は大きくなります。
人間の自然治癒力はすばらしいものがありますから、仮性近視ならば視力回復トレーニングで治ることもあるようです。
レーシックなどの視力回復手術を受けたほうが、コンタクトレンズを買い続けるよりも安上がりという人も増えました。
ただし、いくら視力回復の治療をしても、原因となる生活習慣が変わらないことにはまた元に戻ってしまいますので、一度見直してみると良いでしょう。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。