近視について言われていることの中には誤解も多いようです。


視力を回復できたら、どんなに楽だろう・・・そう思うことってありますよね?
視力回復には、トレーニングや針治療、レーシックや視力回復コンタクトレンズなどの方法が一般的です。
当然ですが、あなたの目の状態によって視力回復の方法も変える必要があります。
日本人の半数は近視と言われますが、いったい原因は何でしょう?
近いところを凝視していると、目も運動不足になるので調節機能が効かなくなり、ピントが合わなくなるのです。
オフィスにいればパソコンとにらめっこ、オフのときにもテレビゲームやDVD、さらに移動中はモバイルと私たちの周りには目に負担がかかるものがあふれています。
一般的に近視の原因として信じられていることにも、実は勘違いだったりということもあるようです。
一例として、遺伝というのが近視の原因としてよく言われますが、実は95%は後天的なもので、生活習慣によるものです。
また、暗いところでの作業も目に良くないといわれますが、どちらかというと明るすぎる方が目の負担は大きくなります。
目には自然治癒力もありますから、近視になり始めのころは視力回復トレーニングなどで治ることもあるようです。
毎月のコンタクトレンズ代を考えると、レーシックなどの手術を受けた方が早いという人もいるようですね。
ただし、視力回復の治療を受けたとしても、それで永遠に視力が落ちないわけではありません。原因となる生活習慣の見直しも忘れないようにしてください。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。