レーシックなどの視力回復手術を考えている方は、症状によっては受けられない場合もあるのでまずは診察をしてもらってください。


あなたも、視力を回復することができたら、面倒なコンタクトレンズやメガネから開放されるかもしれません。
視力回復の方法には、トレーニングで目の筋力を高めるものや逆に針治療でリラックスさせるもの、そしてレーシックなどのレーザー治療といろいろな方法があります。
あなたの目の状態によって、適切な視力回復の方法というのは違います。
では、いったい何が原因で近視になるのでしょう?
目には水晶体というレンズの役目をしている部分があるのですが、近くばかりを凝視していると、この水晶体の弾力が失われてピントを合わせにくくなります。
最近は、小学生のころからパソコンを使い、テレビゲームやモバイルゲームと、子供の目にも負担がかかるばかりです。
一般的に近視の原因として信じられていることにも、実は勘違いだったりということもあるようです。
よく、近視の原因は遺伝だという話を聞きますが、本当のところは95%の近視が生活習慣によるものだそう。
また、本を読むのにくらいところは良くないというのも、実は逆で明るすぎる場所の方が目にかかる負担は大きいのです。
私の知り合いには、針治療で劇的に視力が回復したという人もいます。
日帰りで1.5の視力にまで回復することも可能なレーシックなどのレーザー治療を受ける人もずいぶん多くなりました。
ただし、視力回復の治療を受けたとしても、それで永遠に視力が落ちないわけではありません。原因となる生活習慣の見直しも忘れないようにしてください。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。