目にも自然治癒力がありますから、10代のころなら視力回復トレーニングを受けてみるのも良いかもしれません。


視力回復について、真剣に考えたことはありますか?
視力回復の方法には実にさまざまな種類があります。例えば、レーシックや視力回復トレーニング、サプリメントなどが一般的でしょう。
言うまでもなく、視力回復の仕方もあなたの目の状態によってちがいます。
それでは、近視はなぜ起こるのでしょうか?
目には水晶体というレンズの役目をしている部分があるのですが、近くばかりを凝視していると、この水晶体の弾力が失われてピントを合わせにくくなります。
仕事中はもちろん、移動中でも携帯メールやモバイルゲームと私たちの生活には近視になる原因でいっぱいです。
近視については、いろいろと誤解も多いようです。
例えば、近視を遺伝のせいにしている人が多いですが、95%は後天的なもので生活習慣が原因だそうです。
また、目が悪くなるとすぐにメガネをかけるのも、近視の進行を早めてしまいます。
視力回復トレーニングも、特に近視になり始めや、10代のころは効果がみられるようです。
毎月のコンタクトレンズ代を考えると、レーシックなどの手術を受けた方が早いという人もいるようですね。
ですが、視力回復の効果も永遠に続くものではありません。原因となる生活習慣を見直すことも忘れないでください。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。