例えば、近視は親譲りという話をよく聞きますが、実のところ遺伝が原因の近視は5%程度しかないそうです。


視力回復について、あなたはどれくらい知っているでしょうか?
視力回復の方法には実にさまざまな種類があります。例えば、レーシックや視力回復トレーニング、サプリメントなどが一般的でしょう。
あなたに合った視力回復も、目の状態によって変わってきます。
では、いったい何が原因で近視になるのでしょう?
目には水晶体というレンズの役目をしている部分があります。近くを見るときは膨らみ、遠くを見るときには薄くなるのですが、近くばかりを見ていると水晶体の弾力がなくなるのです。
最近は、小学生のころからパソコンを使い、テレビゲームやモバイルゲームと、子供の目にも負担がかかるばかりです。
近視の原因で言われていることには、正しくないこともあるようです。
例えば、「親が近視なので」という人。確かに生まれつき目が悪い方もいますが、実はほんの5%程度です。
それから、目が悪くなるとすぐにメガネを薦められますが、目が緊張した状態が長くなるので近視の進行を早めることもあるようです。
私の知り合いには、針治療で劇的に視力が回復したという人もいます。
コンタクトレンズのわずらわしさや、費用を考えると思い切ってレーザー手術を受ける人も増えています。
また、生活習慣を見直すことによって視力回復の効果を長続きさせることができることも忘れないようにしましょう。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。