私たちの生活には、パソコンはもとより、携帯メールやテレビゲームと近視の敵がいっぱいです。


視力回復をして、メガネやコンタクトレンズから開放されたいと思っている方も多いでしょうね?
視力回復の方法には実にさまざまな種類があります。例えば、レーシックや視力回復トレーニング、サプリメントなどが一般的でしょう。
あなたに合った視力回復も、目の状態によって変わってきます。
これほど日本人に近視が多いのも、目の健康についての正しい知識がないからかも知れません。
目には水晶体というレンズの役目をしている部分があるのですが、近くばかりを凝視していると、この水晶体の弾力が失われてピントを合わせにくくなります。
オフィスではパソコンとにらめっこ、電車では携帯メールにモバイルと、目が悪くならないはずはありません。
近視の話をする時に、みんなが信じていることでも実は正しくないというものもあるようです。
例えば、目が悪いのは遺伝ですという人が多いですが、実は遺伝が原因の近視は5%しかないのです。
また、暗いところで本を読むのは目に良くないというのも、よく言われますが、実際には明るすぎるところの方が目にかかる負担は大きいのです。
特に10代のころや、近視になり始めのころは視力回復トレーニングなどで見えるようになることもあるようです。
日帰りで1.5の視力にまで回復することも可能なレーシックなどのレーザー治療を受ける人もずいぶん多くなりました。
でも、視力回復をしても、眼精疲労など原因がなくならないことには意味がないので、生活習慣を見直すことも忘れないようにしましょう。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。