近くばかりをじっと見る生活をしていると、水晶体も緊張をしたままになるので、弾力がなくなり、ピントを合わせにくくなるのです。


視力回復について、あなたはどれくらい知っているでしょうか?
レーシックや、サプリメント、トレーニングやサプリメントと、視力回復にも様々な方法があります。
もちろん、目の状態によってあなたにぴったりの視力回復法も変わってきます。
これほど日本人に近視が多いのも、目の健康についての正しい知識がないからかも知れません。
近いところを凝視していると、目も運動不足になるので調節機能が効かなくなり、ピントが合わなくなるのです。
オフィスではパソコンとにらめっこ、電車では携帯メールにモバイルと、目が悪くならないはずはありません。
近視の原因で言われていることには、正しくないこともあるようです。
例えば、近視の原因としてよく言われる遺伝ですが、実は95%の近視は後天的なものなのです。
それから、暗いところで本を読むこと自体が近視の原因にはなりません。見えにくいのを補うために目を近づけて長い時間読むことが悪いのです。
視力回復トレーニングと針治療は、アプローチは違いますが、特に仮性近視のころは改善することもあるようです。
レーシックなどの視力回復レーザー治療も、手の届く値段になりました。実は、コンタクトレンズよりも安上がりです。
でも、視力回復をしても、眼精疲労など原因がなくならないことには意味がないので、生活習慣を見直すことも忘れないようにしましょう。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。