視力回復をして、メガネやコンタクトレンズから開放されたいと思っている方も多いでしょうね?


毎朝、コンタクトレンズを着けるたびに、視力回復ができたらどんなに楽だろうって思うことありますよね?
ひとことで視力回復と言っても、レーザー手術や針治療、視力回復用コンタクトレンズなど色々な方法があります。
当然ですが、あなたの目の状態によって視力回復の方法も変える必要があります。
さて、そもそも近視というのは何が原因で起こるのでしょう?
例えば、姿勢の悪さも近視の原因になります。両目でバランスよく見ることができないと、左右の視力に差が生じて乱視になります。
仕事中はもちろん、移動中でも携帯メールやモバイルゲームと私たちの生活には近視になる原因でいっぱいです。
近視の話をする時に、みんなが信じていることでも実は正しくないというものもあるようです。
一例としては、遺伝が原因で近視になったという話を良く聞きますが、実のところ遺伝の場合は5%程度でかなり強度の場合が多いのです。
また、目が悪くなるとすぐにメガネをかけるのも、近視の進行を早めてしまいます。
特に10代のころや、近視になり始めのころは視力回復トレーニングなどで見えるようになることもあるようです。
レーシックなどの視力回復手術も目の状態によって値段や効果も違います。
大切なことですが、視力が落ちた原因をそのままにしていては、せっかく視力回復をしてもまた元に戻ってしまうので、食事や姿勢にも気をつけましょう。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。