目には自然治癒力もありますから、近視になり始めのころは視力回復トレーニングなどで治ることもあるようです。


視力回復について、真剣に考えたことはありますか?
視力回復と一言でいっても、実はトレーニングや針治療、レーシックやサプリメントとその種類も様々です。
言うまでもなく、視力回復の仕方もあなたの目の状態によってちがいます。
日本人の半数は近視と言われますが、いったい原因は何でしょう?
近くばかりを見ている生活をしていると、水晶体というレンズの役目をする部分の弾力が失われてピントが合わせられなくなるのです。
私たちの生活には、パソコンはもとより、携帯メールやテレビゲームと近視の敵がいっぱいです。
一般的に近視の原因として信じられていることにも、実は勘違いだったりということもあるようです。
例えば、近視を遺伝のせいにしている人が多いですが、95%は後天的なもので生活習慣が原因だそうです。
また、暗いところでの作業も目に良くないといわれますが、どちらかというと明るすぎる方が目の負担は大きくなります。
特に10代のころや、近視になり始めのころは視力回復トレーニングなどで見えるようになることもあるようです。
スポーツをする人ならば、コンタクトレンズのわずらわしさを考えると思い切ってレーザー手術もありかもしれません。
大切なことですが、視力が落ちた原因をそのままにしていては、せっかく視力回復をしてもまた元に戻ってしまうので、食事や姿勢にも気をつけましょう。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。