最近は、小学生のころからパソコンを使い、テレビゲームやモバイルゲームと、子供の目にも負担がかかるばかりです。


視力回復さえできたら、毎朝コンタクトレンズを着けるわずらわしさから開放されるのに・・・なんて思っている方も多いでしょう。
視力回復と一言でいっても、実はトレーニングや針治療、レーシックやサプリメントとその種類も様々です。
もちろん、目の状態によってあなたにぴったりの視力回復法も変わってきます。
これだけ近視が多い国もめずらしいですが、いったい近視の原因はどんなところにあるのでしょう?
近くばかりを凝視することが多いと、レンズの役目をする水晶体の弾力が失われてピントを合わせにくくなります。
仕事中はもちろん、移動中でも携帯メールやモバイルゲームと私たちの生活には近視になる原因でいっぱいです。
近視の話をする時に、みんなが信じていることでも実は正しくないというものもあるようです。
よく、近視の原因は遺伝だという話を聞きますが、本当のところは95%の近視が生活習慣によるものだそう。
また、暗いところで本を読むのは目に良くないというのも、よく言われますが、実際には明るすぎるところの方が目にかかる負担は大きいのです。
目には自然治癒力もありますから、近視になり始めのころは視力回復トレーニングなどで治ることもあるようです。
日帰りで1.5の視力にまで回復することも可能なレーシックなどのレーザー治療を受ける人もずいぶん多くなりました。
ただし、いくら視力回復の治療をしても、原因となる生活習慣が変わらないことにはまた元に戻ってしまいますので、一度見直してみると良いでしょう。
posted by メガネ28 at 14:12 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。